プリザーブドフラワーの枯れない仏花 mini 通販

ブリザーブドフラワー
ブリザーブドフラワーって何・・・
ブリザーブドフラワーの不思議?
ブリザーブドフラワーの長所は・・
ブリザーブドフラワーの短所は・・
これからのブリザーブドフラワー
ブランド プリザーブドフラワー
プリザーブドフラワーメーカーの特徴
【スポンサードリンク】
6.プリザーブドフラワーの歴史

プリザーブドフラワーは1991年にフランスのヴェルモント社が開発しました。
プリザーブドフラワーは誕生してからまだ20年の歴史しかありません。

プリザーブドフラワーはその後クリスチャン・トルチュやケネス・ターナーなど、その世界では著名なフラワーデザイナー達が、相次いでその作品にプリザーブドフラワーを取り入れたため、それによってプリザーブドフラワーが認知されるようになりました。こうして日本を含む世界に、プリザーブドフラワーが広まっていったわけです。

プリザーブドフラワーの歴史は非常に新しく、誕生してからまだ20年しか経っていません。日本では2000年ごろから花屋などで売られるようになったと言われています。いずれにせよまだそれだけ歴史の浅いプリザーブドフラワーですから、これからどんどんと日本国内に浸透していき、愛好者が増えていくことが期待されています。

プリザーブドフラワーは保存状態がよければ十数年も保存できることから、枯れないという特徴を持ってます。
花嫁が美しく飾られたプリザーブドフラワーでできたウェディングブーケを持つ光景が大変絵になると言えます。このプリザーブドフラワーは見た目によらず非常に軽いため、花嫁が持っても負担にはなりません。
う。


プリザーブドフラワーの誕生 プリザーブドフラワーを生み出したのは、1991年にフランスのヴェルモント社がプリザーブドフラワーの開発に成功し「長寿命の切花製法」の世界特許を取得しました。バラ(薔薇)の世界的産地は?それは赤道直下の南米にあたります。

1996年からヴェルデッシモ社の生産がエクアドルにて開始され、フロールエヴァーも同年にコロンビアにて本格的に生産を開始されました。各メーカーが生産を競争することで、当時の生産技術よりもカラーバリエーション、加工のクオリティーも向上していきました。

日本でも遅れながら生産を開始したのが、大地農園になります。

プリザーブドフラワーの普及の中心にいたのが、クリスチャン・トルチュやケネス・ターナーなどフラワーデザイナーが相次いで作品にプリザーブドフラワーを使ったことにより、あっという間にヨーロッパ全土から日本を含む世界に広まりました。
毎年、新しい種類のプリザーブドフラワーが生まれ驚きと感動を与えてくれています。

今後もさらに技術が進み、新しい種類のプリザーブドフラワーが増えてくるでしょう!!

プリザーブドフラワーの生産拠点は、バラ(薔薇)の世界的産地である赤道直下の南米の国々に集中しました。エクアドル、コロンビアになります。赤道直下の国々に集中したのも、生産力!!これが一番です。気候に左右される薔薇の生産を安定して生産でき花は生き物で新鮮な薔薇でなくてはいけません。その為工場がエクアドル、コロンビアに作られました。

*******************************************************
  ブリザーブドフラワーの詳しいことはこちら


プリザーブドフラワーの枯れない仏花 mini 通販

プリザーブドフラワーの枯れない仏花 mini

プリザーブドフラワーの枯れない仏花 mini

¥8,800(税込)

●亡き人への永遠の想いを枯れない花にこまめに替えなければいけないと思いつつも、ついついおろそかにしがちな仏壇の…

プリザーブドフラワーの枯れない仏花 miniプリザーブドフラワーの枯れない仏花 miniをカートに入れる
 

送料無料キャンペーン

インフォメーション

サイト運営者: STIC